【映画】虐殺器官を観に行ってみた

虐殺器官を観に行ってきました。

Project Itohとは

作家・伊藤計劃の原作小説3作を連続劇場アニメ化していく一大プロジェクトが「Project Itoh」と呼ばれています。
第一弾は円城塔との共作で発表された「屍者の帝国」、第二弾は遺作「ハーモニー」、そして、第三弾はデビュー作の「虐殺器官」。この虐殺器官で最後になります。

虐殺器官とは

あらすじ

9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理体制に移行することを選択し、
その恐怖を一掃。一方で後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加。世界は大きく二分されつつあった。
クラヴィス・シェパード大尉率いるアメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊は、暗殺を請け負う唯一の部隊。
戦闘に適した心理状態を維持するための医療措置として「感情適応調整」「痛覚マスキング」等を施し、更には暗殺対象の
心理チャートを読み込んで瞬時の対応を可能にする精鋭チームとして世界各地で紛争の首謀者暗殺ミッションに従事していた。
そんな中、浮かび上がる一人の名前。ジョン・ポール。
数々のミッションで暗殺対象リストに名前が掲載される謎のアメリカ人言語学者だ。
彼が訪れた国では必ず混沌の兆しが見られ、そして半年も待たずに内戦、大量虐殺が始まる。
そしてジョンは忽然と姿を消してしまう。彼が、世界各地で虐殺の種をばら撒いているのだとしたら…。
クラヴィスらは、ジョンが最後に目撃されたというプラハで潜入捜査を開始。
ジョンが接触したとされる元教え子ルツィアに近づき、彼の糸口を探ろうとする。
ルツィアからジョンの面影を聞くにつれ、次第にルツィアに惹かれていくクラヴィス。
母国アメリカを敵に回し、追跡を逃れ続けている“虐殺の王”ジョン・ポールの目的は一体何なのか。
対峙の瞬間、クラヴィスはジョンから「虐殺を引き起こす器官」の真実を聞かされることになる。
引用:http://project-itoh.com/genocidal_organ/introduction/

キャスト

・クラヴィス・シェパード役:中村悠一さん
・ウィリアムズ役:三上哲さん
・アレックス役:梶裕貴さん
・リーランド役:石川界人さん
・ロックウェル役:大塚明夫さん
・ルツィア・シュクロウポヴァ役:小林沙苗さん
・ジョン・ポール役:櫻井孝宏さん

感想

中村悠一さんと櫻井孝宏さんが出演するということで観に行ったこの作品。

R-15指定されるくらいなので戦闘シーンはなかなか激しかったです。
映像はきれいだし、細かく作り込まれていて観ていて引き込まれました。

クラヴィスは最初にジョンと会ったときにジョンの言葉を聞いて、洗脳されたということでいいのかな。
ルツィアが生きていたらどんな世界になっていたのか。
原作を読んでみたくなりましたね。

観終わった後にすごくモヤモヤしました。
自分と関係ないところで起こっている内戦や紛争によって均衡が保たれているのかなとか。
それぞれが「自分の正義」のために戦っていて、悪なんてないのかなとか。
考えされられる内容でしたね。
考えるだけでわたしはわたしの生活を続けるだけなので何も変わらないですが。

ハーモニー、屍者の帝国も気になります。

おまけ

来場者特典はポスタービジュアルのしおりと中村悠一さんの朗読でした。
いい声ですね。櫻井孝宏さんの朗読も聞いてみたいです。