【おすすめBL】皇帝と宦官 日野晶

皇帝と宦官

皇帝と宦官【電子限定かきおろし付】

皇帝と宦官【電子限定かきおろし付】

日野晶先生の『皇帝と宦官』をご紹介。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

※内容が気になる方は『Renta!』でサンプルが無料で読めるのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

あらすじ

昼はあどけない顔。夜は後宮の妃より魔性。海燕は歌や踊りを披露する宦官。仕事の要領が悪く叱られてばかりだけど、前向きで元気いっぱい(楽天的とも言う)。ある日、皇帝の夜伽を命じられ、そこで待ち受けていたのは――!?

引用:Renta! - 皇帝と宦官【電子限定かきおろし付】 

感想

宦官シリーズの1作目です。

帝國の宦官ではまだ幼かった泰藍が皇帝になっています。

泰藍の息子の皇太子もなかなか大きいので結構年取っているはず。

そんな泰藍とひょんなことから知り合った宦官の海燕のお話です。

 

町に出かける泰藍の案内を宦官に頼んでいたようで、その宦官と海燕を間違えて町へ出かけていきます。

ついた先で勘違いで連れてきたことを知りますが、二人で散策を楽しみます。

 

楽しそうにする海燕に興味を持った泰藍は夜伽を命じます。

とは言え、手を出すつもりはなく、また話がしてみたいと思っていたのですが…。

結局、海燕に手を出し、海燕の魅力にはまっていきます。

 

ただ、下っ端の宦官で後ろ盾も何もない海燕が寵愛を受けることで、快く思わない人もいるわけで海燕は殺されそうになります。

それを助けるのが海燕の兄のような存在である宦官の麗琳。

麗琳は海燕のことが好きだったので、助けた後自分の屋敷に匿い、城では脱走したことになっているから戻ると死罪になると脅して結婚しようとします。

 

麗琳のことは好きですが、麗琳の好きとは同じ好きではなく、泰藍のことが気になっていた海燕は麗琳の屋敷から逃げ出します。

その時、海燕の居場所を突き止めていた泰藍と再会。

城に戻ります。

 

お互い大切に思っているということを確認し、泰藍と海燕編は一旦終わり。

 

この後、麗琳と皇太子編が始まります。

一冊の中で話は繋がっているのですが、主人公が切り替わるのでボリュームがあるように感じます。

 

 

日野晶先生の他の作品はこちらから

帝國の宦官

www.merry-memo.com

偽りの宦官

偽りの宦官【皇帝と宦官シリーズ−番外編1−】
スポンサーリンク