【おすすめBL】無条件降伏論 いさか十五郎

無条件降伏論

いさか十五郎先生の『無条件降伏論』をご紹介。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

※内容が気になる方は『Renta!』でサンプルが無料で読めるのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

あらすじ

30代、金なし、女なし、編プロバイトの加古はある時、大学時代に付き合っていた後輩の男・北村に再会する。売れっ子プロデューサーとして成功した北村と流されるまま身体を重ねてしまう加古だが、変わらない北村の優しさに再び気持ちが蘇ってくる。しかし、そんな加古に北村は、「身体を買ってあげますよ」と冷めた表情でお金を撒いて――。

引用:Renta! - 無条件降伏論

 

感想

帯に『執着変態×無自覚クズ』なんて煽りがあってのこの表紙なので、一体どんな変態プレイを見せてくれるのかと期待していましたが、そういう話ではありませんでした。

帯で煽りすぎですね。それとも、私の感覚がおかしいのかな?

 

執着変態っていうほど変態か?

執着心はすごかったですけどね。

 

無自覚クズってほどクズか?

確かに無自覚で振舞っているところはありますが。

 

期待しすぎるとがっかりしそうですが、話の内容はおもしろかったです。

 

大学のときに付き合っていた北村と再会する加古。

再会してすぐは『北村』って呼んでいるのに、最中に『史夜』呼びになるんて萌えます。

 

お互いフリーならもう一回付き合おうと言おうとする加古を拒否する史夜。

恋愛感情はないから金で買うと。

 

二人が別れた理由と別れた後の史夜の気持ちを思うと切ないものがありますが、そんな過去があってこその今だと思うといいですね。

 

この別れてからもずっと史夜は加古のことを思っていて、いつか会えたらと加古の仕事の雑誌とかペーパーとかを集めるほど執着しています。

一緒に住んでいたアパートを引き払うことができず、集めたものをその部屋に保管し思い出部屋にしていました。

これが執着変態…?ストーカーみたいな感じはしますが。

 

お金で加古のことを買おうとしたのは、もしまた関係が終わるときが来ても、お金の関係であればお金がいらなくなったから離れて行ったのだと割り切って考えることができるからだという史夜。

 

加古のことが大好きすぎるのと自分に自信がなさすぎるので、加古が離れずにそばにいるということが想像できないし、

絶対に手放さないということも言えないという。

 

仕事できるイケメンという感じで登場するのに、なんとも弱々しい感じがたまらないですね。

 

そんな感じなのにふとしたときにSっ気を発揮するのは萌えポイントです。

 

両片思いのすれ違いのムズムズ感を求めたい人にオススメです。

 

無条件降伏論【大学生編】カスケードホップ

この二人の大学生のときのお話です。

もう最高かと!!!

 

加古の史夜に対する態度の理由がわかる気がします。

好きすぎて踏み込んで来れない史夜にもっと踏み込んでほしくてやきもち妬かせたりしようとしているのに、しゅんとしちゃうって…。

成長してからの北村の方が魅力的です。

が、この若かりし頃の加古と史夜の関係も萌えます。

素晴らしい。

 

商業誌未発表作品で税込108円なのでね。読む価値あります。

いかさ十五郎先生の他の作品はこちらから

最悪のルームシェア、始めました

スポンサーリンク