【おすすめBL】僕の両性具有症候群(シンドローム) カノンチヒロ

僕の両性具有症候群(シンドローム)

僕の両性具有症候群(シンドローム)

僕の両性具有症候群(シンドローム)

カノンチヒロ先生の『僕の両性具有症候群(シンドローム)』をご紹介。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

※内容が気になる方は『Renta!』でサンプルが無料で読めるのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

あらすじ

オレ……男なのか女なのか、どっちなんだろう……」

 

男子高校生・雪野ヨウには秘密がある。それは、両性具有であること。

しかしある日、学年一のヤンキー・一宮にその秘密がバレてしまい、下半身を剥かれ、

カラダを弄られた雪野は高まる熱に翻弄され一宮に処女を捧げてしまう。

自分に欲情する一宮との関係を捉えあぐねる雪野だったが、そんな折、いきなり【初潮】がきて──。

引用:Renta! - 僕の両性具有症候群(シンドローム)

感想

両性具有シリーズ第1弾のこの作品。

気があまり強くない雪野とヤンキーに間違われる強面の一宮のお話になります。

雪野は両性具有なので中性的な感じがしますね。

文化祭でメイドに女装しているところは女の子と言ってもおかしくないくらい自然です。

 

同じクラスでしたが、人と関わろうとしない雪野と恐い人と噂され周りが近づいてこようとしない一宮なので、話すこともなかった二人。

しかし、体育の授業で雪野が打ったボールが一宮にあたり二人で保健室に行くことに。

そこで、ひょんなことから雪野が両性具有であることが一宮にバレてしまいます。

 

雪野が両性具有であることを知っても引くどころか興奮する一宮。

雪野がかわいいと言い、一緒にいたいと言います。

そこから一緒にいるようになり、当然イチャイチャもし…。

 

今まで生理もなく不完全な両性具有だった雪野に生理がきます。

生理がきたことで自分が男なのか女のかどっちなのだろうかと不安に思う雪野に対し、一宮はそのままの雪野でいいと受け止め、好きだと告白します。

でも、嫌いではないけど、好きかどうかわからないという雪野。

そこで一宮はとりあえず試しに付き合うことを提案し、付き合うことになります。

 

高校生という若さからでしょうか。

雪野と一緒にいるとすぐに盛る一宮。

男同士の性事情についても勉強し、後ろでも試してみようと提案します。

好奇心旺盛なところも若さですね。

ストーリーもしっかりしていますが、何気にエロも多い気がします。

 

雪野が転校するきっかけになったいとこのさきも登場します。

雪野と一宮が付き合っていることを心配しますが、二人が仲良くやっていることを知って安心します。

 

一冊の中にだいぶ話が詰め込まれていて、読み応えがあります。

性別が男同士なのでBLとして読んでいますが、なんとも不思議なジャンルです。

最終的には性別どうこうというよりも、雪野と一宮がどうなるのかということに注目していくのでBLが好きなら違和感なく読めると思います。

 

 

 

 

カノンチヒロ先生の他の作品はこちらから

僕の両性具有性周期(メカニズム)

両性具シリーズ第2弾になります。

シリーズ第1弾に引き続き、雪野と一宮のお話です。

彼の両性具有独占欲(プリズン)

両性具シリーズ第3弾になります。

第2弾で登場する都月と三上のお話です。

彼の両性具有妊娠期(マタニティ)

両性具有シリーズ第4弾になります。

第3弾の都月と三上、第1弾、2弾の雪野と一宮。それぞれに家族が増える話です。

俺が両性なんて認めない!

両性具有シリーズ第5弾になります。

まさかの都月と三上の息子のお話です。

雪野と一宮の息子もちょっと出てきます。

スポンサーリンク