読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】劇場版ソード・アート・オンライン オーディナル・スケールを観てみた

劇場版ソード・アート・オンライン オーディナル・スケール

劇場版ソード・アート・オンラインを観てきました。
よかったです。すごくよかったです。期待以上でした。

VR(仮想現実)の次はAR(拡張現実)

今までの話はフルダイブで仮想現実世界での話だったけれど、今回は現実世界にいながら視覚・聴覚・触覚情報に情報が送り込まれてきます。
それを可能にするのが《オーグマー》という次世代ウェアラブル・マルチデバイス。

オーグマーを使っているシーンを見ているとすごく楽しそうだし、いつかできるんだろうなと。
ポケモンGOとかが近いのかな?
スマホを通してポケモンを見ることができるのが、オーグマーを通して見るって感じで。

オーディナル・スケールとは

≪オーグマー≫専用ARMMO RPG。
最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。
現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、
モンスター討伐などを経てプレイヤーの≪ランク≫を上げていく。
≪オーディナル・スケール(OS)≫の特徴はこの≪ランキング・システム≫で、
全てのプレイヤーのステータスは、基数(カーディナル数)ではなく
序数(オーディナル数)であるランクナンバーによって決定される。
ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力が与えられ、
ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。
引用:http://sao-movie.net/story/story.html#os

ランキングによって強さが変わるというのはおもしろいですね。 最初はポイント貯めたり、遊びという感じだったけど、戦闘を重ねていくとSAOっぽくなりました。

序盤、「VRと感覚が違う」と言っていたキリトくんも使いこなしていました。

感想

キリトくんが相変わらず、強すぎ、かっこよすぎ、モテすぎでさすがでした。
なんでこんなにかっこいいんでしょうね。
主人公だからってこんなかっこよくていいんですかね。本当。

最後の戦闘シーンがめちゃくちゃかっこよかったです。
今までのキャラ総出で戦ってました。ユウキも出てきたしね。

そして、ボスを倒してランク1位になったキリトくんの無双っぷりがさすがとしか言えないくらいよかったです。

もうほんと、劇場で観たらいいんだよ。

トリニティセブンは劇場で観て失敗したなと思ったけど、SAOは劇場で観てほんとよかったと思った。
戦闘シーンの音と映像だけでもわたしは大満足だった。劇場で観る価値ある。

キリトとアスナは相変わらずイチャイチャしてました…。
いいね。なかよし。
「お母さんに会って」って言われて渋ってたキリトが最後はお母さんに挨拶に行ってた。
はぁ…。

キリトがユイちゃんに「パパ」って呼ばれてるとニヤニヤしちゃいます。
トリニティセブンでも「パパ」って呼ばれてたつぐつぐ。 そういう役回り多いのかな。

エイジはいいキャラなのになんか残念で誰が声やってるんだろうと思ってたら俳優さんだったのですね。納得です。

ラストで「ラース」という単語が出てきて、次回作を示唆させるシーンがあったので、まだまだ映像化されていくのかと期待を残していました。

まだまだ続くのはうれしいですが、イチャイチャが加速するキリトとアスナを観るのはつらい…笑