【おすすめBL】帝國の宦官 日野晶

帝國の宦官

帝國の宦官【電子限定かきおろし付】

帝國の宦官【電子限定かきおろし付】

日野晶先生の『帝國の宦官』をご紹介。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

※内容が気になる方は『Renta!』でサンプルが無料で読めるのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

あらすじ

「女を容易に抱けない体になるねぇ?」 捕虜になった隻眼の戦士・ビジャンを待ち受けていたのは、にこやかな笑みを浮かべる得体のしれない皇子・右弦であった。去勢して宦官として仕えさせられることになった失意のビジャンに追い打ちをかけるように、右弦は体を組み敷き……。電子書籍で話題沸騰中の「皇帝と宦官シリーズ」第2弾! 皇子×元兵士の宦官編、単行本描き下ろし25ページと電子限定の描き下ろし1ページを収録!

引用:Renta! - 帝國の宦官【電子限定かきおろし付】

 

感想

電子書籍の単話で読んでいたこの作品。

ついに単行本として発売されました。

 

宦官シリーズの2作目ですが、時系列的にはこちらの方が先になります。

その後に番外篇の『偽りの宦官』、シリーズ1作目の『皇帝と宦官』につながっていきます。

登場人物が重なるとおもしろいですね。

 

右弦は雀のことを知っているようですが、雀は右弦のことを覚えておらず、すれ違いますがそれがまたいい。

帯でも煽ってる通り、屈強な元兵士が組み敷かれるというのは萌えます。

宦官になるということもあってゴリゴリな体型ではありません。

 

描き下ろしは本当に描き下ろしでした。

本編では気持ちが通じあって、右弦がプロポーズして終わるのですが、

その後、結婚したときのお話は年齢制限があるメ ス 堕 ちBLに掲載されています。

描き下ろしといいつつ、その話が収録されているだけなのでは…?と疑っていましたが、その結婚した後の話が描き下ろされていました。

 

エロももちろんありますが、読んだ後に幸せな気持ちになれるお話です。

幸せになってほしいですね。

宦官シリーズは好き嫌いが分かれるようですが、わたしは好きです。

シリーズ2作目と謳うくらいなので3作目も出てきてくれると嬉しいです。 

日野晶先生の他の作品はこちらから

皇帝と宦官

右弦の弟?の泰藍のお話です。

偽りの宦官

電子書籍でのみ配信されているようです。

泰藍の友人のお話です。

偽りの宦官【皇帝と宦官シリーズ−番外編1−】

 

スポンサーリンク