【映画】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?【感想・ネタバレ】

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

www.uchiagehanabi.jp

あらすじ

「もしも、あのとき…」

 

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。

そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。

「かけおち、しよ」

なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。

それを見ているだけで助けられなかった典道。

「もしも、あのとき俺が…」

なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。

すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。

なんども繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?

引用:映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

スポンサーリンク

 

感想

予告編を見るたびにどんな内容かワクワクしていたので見に行ってきました。

期待値が高すぎたのでしょうか。

え?何がしたいの?まだ続くの?

という感じで途中から完全に飽きていました。

そして、最後はホラーなの?と思う結末。

結局、何がしたかったのか、何を伝えたいのかよく分からない作品で、映画館を出た後にあの時間はなんだったんだろうと空白のときが生まれました。

原作を読めってことなのかな?

 

「もしも、あのとき…」とこうしていればを願い、ある石を投げると時間が巻き戻り、願ったもしもが叶うというお話です。

時間が巻き戻るというよりは、もしもが叶う世界に飛ばされるという感じでしょうか。

なずなを助けたいという気持ちから、助けられないたびに「もしも、あのとき…」と世界を移動していきます。

 

失敗するたびに少し時間が戻り、違う選択をするので、何度も同じようなやり取りを見せられ、話も前に進まないので「またか…」という気持ちになります。

 

1回目

プールでの50m勝負に祐介が勝ち、祐介がなずなに花火大会に誘われる。

祐介はすっぽかし、典道となずなが花火大会に行けるように仕向ける。

途中でなずなの母親が現れ、なずなが連れ戻される。

「もしも、プールでの勝負に勝っていたら…」ともしもの世界へ移動。

 

2回目

プールでの50m勝負で典道が勝ち、典道がなずなに花火大会に誘われる。

かけおちしようと駅まで行くけど、なずなの母親が現れ、なずなが連れ戻される。

「もしも、電車に乗れていたら…」ともしもの世界へ移動。

 

3回目

駅のシーンから始まり、なずなを連れて電車に乗ることに成功。

でも、踏切で祐介になずなと一緒にいるところを目撃され、車で追いかけてくるなずなの母親に見つかり、次の駅で下車。

灯台まで逃げてそこからなずなと一緒に花火を見ますが、「もしも、あのとき祐介となずなの母親に見つかっていなかったら…」ともしもの世界に移動。

 

4回目

電車の中でなずなと会話するところから始まり、祐介やなずなの母親に見つからずに済むルートを進む。

が、進路を変えた電車が海の上を走ったり明らかに世界がおかしい。

今度はどこの世界で会おうかというなずなと典道の会話で終わり。

その後、学校のシーンに戻ると典道の姿がない。

 

転校する前に1日一緒に過ごしたかったという願いが叶ったら、元の世界に戻ったりするのかと思いきや、その後姿がなくなるとか…。

え?ホラーなの?

 

何度も世界を移動したわりに結局何?という感じがよくわかりません。

ほんと何がしたかったの?

途中わけわからない白馬の馬車が現れたり、世界観がわけわからずほんと見ていて疲れます。

そこまで広げたのに結末もわけわかりませんし。

何がしたかったんですかね。

スポンサーリンク