【おすすめBL】かしこまりました、デスティニー 〜Answer〜 上巻 さちも

かしこまりました、デスティニー 〜Answer〜 上巻

かしこまりました、デスティニー~Answer~上(オメガバース プロジェクト コミックス)

さちも先生の『かしこまりました、デスティニー 〜Answer〜 上巻』をご紹介。

※ネタバレを含むのでご注意ください。

 

あらすじ

オメガバースで、執事乱舞。平凡なβ VS. “魂の番”――西園寺家の執事・宮内(みやうち)〈β〉は上司である執事長・久藤(くどう)〈α〉と、セフレ以上恋人未満の関係。久藤は深い愛情を注ぐが、宮内はβであるという引け目から自分の気持ちを抑え込もうとしていた。そんな矢先、久藤の前にハジメ〈Ω〉が現れる。彼は宮内が恐れていた存在、久藤の――“魂の番”。 一度出会ってしまったら、引き返すことのできない絶対的な運命の相手がいる世界。――運命に除外された男に何ができると言うのだろう。

引用:Amazon CAPTCHA

感想

オメガバースプロジェクトseason3(全6巻)に収録されていたこのお話。

すでに6話全て読んでいて、結末も知っていますが、コミック化するのを心待ちにしていました!!!

上巻では3話までと描き下ろしで葵の出産直後の久藤と宮内の2回目のデートのお話が描かれています。

 

かしこまりました、デスティニー 下巻でいい感じになった久藤と宮内。

久藤が『結婚を前提に付き合ってほしい』と宮内に告白しますが、断られてしまいます。

そして、その直後に魂の番であるハジメが現れ…。

魂の番だと感じつつも、宮内のことが好きな久藤の苦悩がつらいですね。

魂の番を否定すれば、主人である次郎と葵のことを否定する形になってしまうし、

だからと言って魂の番のことを肯定すると宮内への気持ちを否定する形になってしまうし。

 

もう…本当幸せになってほしい…。

 

カバー下に描かれているの久藤と宮内の設定もいいですね。

久藤がクオーターだったなんて初めて知りました…。

そんな設定だったのですね。何にせよ、チンピライケメン。

 

ちなみに、コミックス発売記念小冊子の久藤と宮内の話もなかなかよかったです。

宮内相手だとなんか負けてる気がすると、プライドを守るために久藤が行動を起こします。

優位に立てるか!?と思いましたが、結局は宮内の方が上手でしたね。

上手というか、久藤が宮内好きすぎるせいですよね。

本編が少しシリアスなので小冊子の二人を見ると幸せそうでほっこりします。

下巻の発売は6/24になります。

もう言わなくてもわかる!表紙は宮内ですよね!!!!

そして、さりげなく久藤の頬に置かれている手!!!

これが宮内の手だと思うとどんな表情の宮内が見られるのか今から楽しみで仕方ありません。

 

かしこまりました、デスティニー~Answer~下 (オメガバース プロジェクト コミックス)

かしこまりました、デスティニー~Answer~下 (オメガバース プロジェクト コミックス)

 

 

Twitterまとめ

発売日!

なかよしな久藤と宮内

もうバトラーコンビには終始癒されます。

二人の子どもが見たいですねー。下巻の描き下ろしに期待!!

 

さちも先生の他の作品はこちらから

かしこまりました、デスティニー 上・下巻 

www.merry-memo.com

Flaver-フレイバー-

www.merry-memo.com

 

   

 

 

以下、下巻に収録予定のネタバレになります。

気になる方はスクロールを。

来月まで見たくないという方はご注意ください。

魂の番として現れたハジメは遺伝子操作して作られたデザインベイビーであることが発覚します。

ハジメ自身、久藤のことを好きというよりは自分を生み出してくれた南雲のことが好きで、役に立ちたいという気持ちから久藤に近づいたようでした。

久藤にハジメと番になる意志がないとわかると、誘発剤を使用して久藤を誘惑します。

うなじを噛む間一髪のところで宮内が現れて、番になるのは食い止められます。

 

この一件がきっかけで、宮内の中でも久藤が大切で一緒にいたいという気持ちが固まります。

 

3年後。久藤と宮内の結婚式の日。

次郎と葵の子どもである蓮が姿を隠してしまい、なかなか見つけ出すことができません。

ようやく見つけた蓮は花畑で宮内のために花を摘んでいて…。

”みぃ(宮内)のおひめしゃまになりたかったけど、みぃはくぅ(久藤)のおひめしゃまだから…。みぃにお花…でも、ママみたいにうまくできなかった”と泣く蓮。

その姿を見て、誰よりも幸せになれと葵に言われたことを思い出し、幸せになりますと蓮を抱きしめる宮内。

それを遠くでこっそり見ていて泣いている久藤。

 

久藤も宮内もお互いに『どうやったら相手を幸せにできるか』を考えていたけど、二人でいるだけでお互いに幸せなっていましたね。

 

宮内が久藤と一緒になるのをためらっていた理由の一つに子どもができにくい体だということがあったようで…。

でも、それに対して久藤が「いざとなったら俺が生むから」と言い切ります。

 

ようやくスタート地点といった感じの二人なので今後がすごく気になりますが、それはまた別のお話のようです。

 

※コミックの描き下ろしでその後の2人が描かれていました。

 

www.merry-memo.com